私は某製薬会社に勤める29歳、ひろみと言います。普段の私は至って普通のOLですが、ひとつだけ普通のOLとは違うところがあります。何を隠そう私は割り切りを副業として生計を立てているんです。ワリキリという言葉の意味を知らない人がいるかもしれないので、簡単に説明しておきます。私がしているのは要するに男性と体の関係を持つ代わりにお小遣いを頂くということです。もしかしたらこんな私を軽蔑する人も多いかもしれませんね。

 

それもそのはず、私自身割り切りを始める以前は「そんな援助交際みたいなこと最低だよね…」と思っていました。だけど私は人並みの生活をしていくためにはこれしかなかったのです。悩みに悩んだ末に出した結論でした。

 

私の両親は私が幼いころから多額の借金を抱えていました。当然のことながら私の進学資金なども工面できない状態でした。しかし私はどうしても大学までは行きたかったので奨学金を利用して大学を卒業し今の職に就きました。就職さえできれば毎月のお給料は貰えるしある程度の暮らしは出来るはずだと思っていました。が、実際は奨学金の返済もしなければならない。働けない両親に代って実家の借金も返済しなければならない。そんな生活が続いていました。もちろんOLの給料だけでは全てを賄う事は出来ません。

 

そこで私は副業で割り切りをして生計を立てることにしました。その甲斐あって、今では奨学金を完済することも出来たし、両親の借金も残りわずかとなりました。様々な考え方があると思いますし大げさな話だと思われるかもしれませんが、私は割り切りで人生を変えることが出来たんです。今ではある程度裕福な生活が出来るようになったけど、結婚相手が見つかるまでは割り切りで生計を立て続けていくつもりです。

 

 

[プロフィール]
名前:ひろみ
性別:女性
年齢:29歳
職業:OL(製薬会社勤務)

 

両親が借金まみれで貧しく、奨学金を利用し大学を卒業。
その後はOLとなり両親の借金と奨学金をコツコツ返済していたが、給料だけではどうにも生活が出来なくなりワリキリを始めた。その甲斐あって今では奨学金は完済、両親の借金も残りわずかとなり比較的裕福な暮らしが出来るようになった。結婚相手が見つかるまでは割り切りを副業とし生計を立てていくつもりでいる。